宇宙航空研究開発機構 サイトマップ

小惑星探査機「はやぶさ2」

探査技術を確実なものにし、太陽系と生命の誕生の謎に迫る

多くの"世界初"に挑戦した「はやぶさ」の経験を活かし、小惑星探査機「はやぶさ2」により、より確実に太陽系天体往復探査が行なえるよう技術の獲得・レベルアップを目指します。

「はやぶさ2」では、新たな科学にも挑戦します。「はやぶさ2」は、「はやぶさ」と同様に小惑星からの物質を地球に持ち帰るサンプルリターン・ミッションですが、探査する小惑星が異なります。「はやぶさ」が探査したイトカワはS型と呼ばれる岩石質の小惑星でした。「はやぶさ2」が目指すのは1999 JU3というC型の小惑星です。C型も岩石質ですが、表面の物質には有機物や水がより多く含まれていると考えられています。

地球の海の水や生命を作っている有機物は、今から46億年以上前に太陽系を作った星間ガスの中にすでに存在していたと考えられています。「はやぶさ2」では、そのような太陽系形成時に存在していた水や有機物を調べます。

「はやぶさ2」の目的地小惑星1999 JU3は、イトカワと似た地球軌道に接近する軌道にある小惑星です。大きさは差し渡し900m程度の、球に近い形をしています。

小惑星表面の物質は太陽光などによって変質している可能性があるため、「はやぶさ2」では地下の物質を採取することも目指します。地下物質を衝突装置により表面に露出させ採取することによって、少しでも変質の度合いの小さな物質を採取することを試みます。

「はやぶさ2」スケジュール(予定)

2014年度
打上げ
2018年
1999JU3到着
2020年
地球帰還
2020年〜
サンプル分析
  • @「はやぶさ2」が小惑星1999 JU3に到着した時の想像図。「はやぶさ2」は2種類の電波に対応した2つのハイゲインアンテナを搭載しています。

  • A小惑星に到着した「はやぶさ2」は、その表面を詳しく観測した後、「はやぶさ」と同様に、タッチ・アンド・ゴー方式で表面物質の採取を行います。また、小さな着陸機の投下も行います。

  • B探査が一通り終わったところで、"衝突装置"を切り離し、人工的なクレーターを作ります。生成可能なクレーターサイズは小惑星表面の条件に依存しますが、概ね直径が数メートル程度です。

  • C「はやぶさ2」は、人工クレーターの様子を観察し、さらに可能ならばその近辺からの物質採取を試みます。

ページトップへ戻る